シミ取りレーザーとかさぶた

シミ取りレーザーとかさぶた

シミ取りレーザーの治療を受けた後には患部に保護テープを貼ります。

 

これはレーザー照射によって患部に熱エネルギーが加わり、皮膚が焼失することによって無防備な状態になってしまうためです。

 

一般的にはシミ取りレーザー治療を受けてから4日程度が経過すると、次第と患部にかさぶたができ始めるようになります。

 

かさぶたができることによって、患部に新たな皮膚が形成される働きが活性化します。

 

保護テープは術後1週間程度で外して構いませんが、この時にかさぶたが剥がれ落ちるのが一般的です。

 

かさぶたが剥がれるということはその下に新しい皮膚ができているサインですので、もしかさぶたが剥がれないのであれば必ずそのままにしておいてください。

 

美容整形するなら<湘南美容外科>

湘南美容外科クリニックは初回カウンセリング無料

美容皮膚科でお肌の悩み改善する場合、当サイトで主にご紹介しているレーザー治療=Qスイッチルビーレーザー、スペクトラ、メドライトC6以外にも、


サーマクール、フラクショナルCO2レーザー、フォトRFアドバンス、スキンタイトニング、、ウルトラリフト、トレチノイン、エレクトロポレージョン、アクネライト、ポラリス、ケミカルピーリング、フラクセル2などが候補に挙がると思います。


それぞれの効果やメリットデメリットは湘南美容外科クリニックの専門のドクターに無料でご相談できます。お気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。


美容整形するなら<湘南美容外科>


■しみ取りレーザー(Qスイッチルビーレーザー)…新宿本院、横浜院、MAME大阪心斎橋


■しみ取りレーザー(スペクトラ)…渋谷院、池袋西口院、池袋東口院、町田院、上野院、表参道院、藤沢院、橋本院、千葉院、静岡院、名古屋院、大阪梅田院、大阪心斎橋院、京都院、広島院、小倉院、仙台院


■しみ取りレーザー(メドライト C6)…品川院、大阪駅前院


美容整形