シミ取りレーザーのダウンタイム

シミ取りレーザーのダウンタイム

シミ取りレーザーのダウンタイムにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

シミ取りレーザーの施術を受けた後は患部に保護テープなどを貼って保護を行います。

 

そのまま通常の生活を送ることができますが、患部にかさぶたができてそれが自然に剥がれるまで辛抱強く待つ必要があります。

 

かさぶたのダウンタイムとしては、施術後4日程度でかさぶたの形成が始まり、7日後以降に保護テープをはがすタイミングでかさぶたが一緒に剥がれるか、もし剥がれない場合は自然に剥がれ落ちるまでそのままの状態をキープします。

 

かさぶたが剥がれてすぐに紫外線に当たると新たにシミができるおそれがありますので、術後3ヶ月を目安に紫外線を避けるようにする必要があります。

 

美容整形するなら<湘南美容外科>

湘南美容外科クリニックは初回カウンセリング無料

美容皮膚科でお肌の悩み改善する場合、当サイトで主にご紹介しているレーザー治療=Qスイッチルビーレーザー、スペクトラ、メドライトC6以外にも、


サーマクール、フラクショナルCO2レーザー、フォトRFアドバンス、スキンタイトニング、、ウルトラリフト、トレチノイン、エレクトロポレージョン、アクネライト、ポラリス、ケミカルピーリング、フラクセル2などが候補に挙がると思います。


それぞれの効果やメリットデメリットは湘南美容外科クリニックの専門のドクターに無料でご相談できます。お気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。


美容整形するなら<湘南美容外科>


■しみ取りレーザー(Qスイッチルビーレーザー)…新宿本院、横浜院、MAME大阪心斎橋


■しみ取りレーザー(スペクトラ)…渋谷院、池袋西口院、池袋東口院、町田院、上野院、表参道院、藤沢院、橋本院、千葉院、静岡院、名古屋院、大阪梅田院、大阪心斎橋院、京都院、広島院、小倉院、仙台院


■しみ取りレーザー(メドライト C6)…品川院、大阪駅前院


美容整形